フリーの会社設立に必要な法や税の知識

独立したフリーランスが、後に会社の設立を考えるのは珍しいことではない。
会社組織を設立すれば、フリーランスの立場にはないメリットがある。
ただし、会社を設立するには法律や経営の知識が欠かせない。
会社設立のための手続きには、法に定められた正規の方法に従う必要がある。
詳しく手続きの方法を学んで、自ら会社を設立する経営者もいる。

もし法律が苦手であれば、司法書士に任せた方が簡単に会社が設立できる。
また簡単な法人化の手続きであれば、司法書士に会社設立の書類作成などを任せてもあまり費用の負担はない。
苦労して法律を勉強し書類作成に四苦八苦するよりは、専門家に任せた方が手っ取り早い。
他にも、今後の会社経営における税務処理のため、税理士と顧問契約を結ぶことも考えられる。
会社の設立後には、仕事をこなしながら会社の税務処理も行わなければならない。
しかし税務処理に手間がかかって仕事に支障をきたしては、苦労して会社を設立した意味がない。
面倒な税務処理は税理士に任せてしまい、本来の仕事に専念できる。

フリーランスが会社を設立する場合、各分野の専門家に仕事を任せてしまえば、特に難しい知識は必要ない。
設立後も仕事や経営に専念し、ビジネス上の多くの恩恵が受けられる。
オフィスの近隣を探してみると、司法書士や税理士の事務所も街中に多く点在しているのがよくわかる。のちのトラブルに備えて、連絡できる専門家を見つけておくと安心感がある。
もしフリーランスから会社設立へと行動を移すなら参考までに→→→→→http://freelance-companyfoundedmanual.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です