フリーランスの良さを損なわない会社設立

各業界では、会社に勤務するサラリーマンだけでなく、フリーランスとして働いている人も多くいる。
フリーの立場で働いている人材は、サラリーマンとは違った役割ができる。
フリーはクライアントに対して柔軟な対応ができる利点がある。
会社組織があると、組織のルールに縛られてしまう。そのため、クライアントの要求に対して答えられない場面もある。

一方でフリーランスは、自身の裁量の中で自由にサービスが提供できる柔軟性を持つ。
フリーの立場で働く場合、顧客の細かいニーズに応えられるかどうかが、仕事のテーマとなる。そこで気になるのが、会社設立による仕事への影響である。
会社を立ち上げて組織化した場合、フリーの良さを損なわないかが気になる。
確かに会社を設立すると、組織を維持するための各種の用事が増える。
そのため、一人では仕事と組織の運営を両立できず、クライアントの要望に応えられない可能性も出てくる。

しかし会社設立後の負担を軽減する対策を立てれば、メリットが見えてくる。
会社を作ると、仕事を依頼するクライアントにとって信頼度が増す。
クライアントによっては、フリーに対して法人化を勧める場合もある。
会社経営のための負担は、税理士など専門家に任せて軽減が可能である。
フリーとして働いていた時とは意識を変え、会社を設立しても柔軟な対応でクライアントの要望に応えるよう環境を整えれば、これまでのようなフリーの役割を果たせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です