フリーランスと会社設立の共通点と相違点

エンジニアが独立する上では、フリーランスと会社設立の二つの選択肢があり、その面白さには共通点がある。
独立したことによって、得られる自由胃がの根本となる共通点であり、自分のやりたいことを追求していくことが可能になる。
フリーランスであれば、自分の実力に応じた仕事を請け負ったり、キャリアアップのために新しい仕事に挑戦したりすることができるだろう。

一方、会社設立をした場合には、IT業界の将来を考えてオリジナルの事業方針を考えて事業を展開していくことができるのである。
こういった自由があるのが特徴であるものの、どちらの道を選ぶかを考える上では相違点を重要視することが欠かせない。
自由が共通点となるものの、それを実現する過程に大きな違いがある。
高いレベルの仕事を自ら担っていくことによって、事業を展開していくのがフリーランスの基本であるのに対し、会社設立をした場合には自分自身がスキルを発揮することよりも重要視しなければならないことが生じる。
それはスキルのある従業員を雇用して指揮していくことであり、自分一人ではできない理想を実現するために必要な従業員を活用していくことができるのである。

会社を立ち上げると、経営や指揮に重点を置くことになって現場の最前線で働ける機会は、会社の規模が大きくなるほど減る傾向があるのも事実である。
どちらに魅力を感じるかによって選ぶのが良い。
それぞれに異なった面白さがあるため、好みや適性で選択するのが賢いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です